設備工事を業者に頼む理由

男女

給湯器の交換はガス管や水道管、電気配線を繋ぐ作業があるため、手数料がかかっても業者に任せましょう。業者なら交換工事の保証書を発行していますし、アフターサービスにも対応しています。また、分からないことは、電話やメールで問い合わせることができます。

詳しく見る

湯沸かし器の選び方と特徴

レディ

給湯器にはガスと電気の2種類があります。最近は電気の方がコストがかからないので人気があります。さらに貯湯式と瞬間式のタイプがあります。貯湯式は深夜にお湯を沸かして溜めておく方法で、瞬間式は蛇口をひねるとすぐにお湯が出ます。ほとんどの家庭は瞬間式ですが、交換する時にはコスト面を考える必要があります。

詳しく見る

しっかり選びましょう 

主婦

給湯器の定価はたいてい高価なものが多いですが、業者は70、80%割引している場合があります。また、様々な機能、給湯能力の種類がありますが、それぞれの生活にあった、最適なモデルを選びましょう。突然の故障の交換でも、慌てずしっかり選びましょう。

詳しく見る

業者に頼めば早くてお得

作業員

給湯器が故障した際には、給湯器の販売と交換工事を行っている業者に依頼すると良いでしょう。こういった業者では、非常に安い価格で給湯器を販売しているためお得に購入できますし、保証も手厚く不具合があった場合も安心です。

詳しく見る

実績と価格のバランス

給湯器

給湯器は信頼性の高い機器ですが、耐用年数を超えると調子が悪くなってくるので交換が必要になります。交換をしてもらう業者を選ぶときには、価格と実績のバランスが取れている業者を選ぶようにしてください。アフターフォローについても重要視するようにしてください。

詳しく見る

一度に使うお湯の量で

給湯器

事前に号数をチェック

多くの家庭で使用されている給湯器ですが、何らかの原因によって故障してしまい交換を余儀なくされるということもあるでしょう。ただ蛇口をひねるだけでいつでもお湯が出てくるのは給湯器のおかげであり、もし故障してしまうと洗い物をしたりお風呂に入ったりする際にはかなり不便な思いをすることになってしまいます。給湯器は下手に修理するよりは交換してしまった方が安くなってしまう場合もあるため、今後のことを考えて交換を選ぶ人が少なくありません。しかし、何も考えずに交換すると困ったことになる可能性もあるので注意が必要です。給湯器はどんなものでもただ交換すれば良いというわけではなく、号数をしっかりと調べることが大切です。号数とはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、給湯器の号数とは使えるお湯の量です。家庭では様々な場所でお湯を使用するようになっていますが、号数が大きければ大きいほど一度に使用することが出来るお湯の量が多くなります。1分間に使えるお湯の量で号数は決まっており、24号であれば24リットルのお湯が使えるということになります。そんなにお湯を使わないと思っている家庭であっても、台所とお風呂場で同時に使用する場合にはかなりのお湯を使っている場合がほとんどです。そのため、何も考えずに給湯器を交換してしまうとお湯の量が足りなくなってしまって不便な思いをする可能性もあるのです。そういった事態を避けるためにも、給湯器を交換する際には号数を調べておくことが大切です。

Copyright© 2017 故障した給湯器を交換してもらおう|事前に確認するべきことを紹介 All Rights Reserved.